2020年のファブリックトレンド

身に着ける数量に限りはあるの?

ネックレスとイヤリングやピアス等は、お互い身に着けられる位置が近いです。
また、指輪とバングルなども位置が近いので、一緒に着ける場合は喧嘩しないよう配慮をされた方が良いでしょう。
例えば、ネックレスとイヤリングを選ばれた時、大きさを見てどちらかに限定したほうがスッキリとして、洗練された雰囲気になります。
今年の流行としては、大きめのイヤリングが主流ですが、このトレンドは2020年も続くと考えられていますので、身に着けるときにチェックしてみると良いでしょう。
海をイメージした青にグリーンを足した鮮やかな色や透明感のある蛍光色がアクセサリーのトレンドになると予想されています。
そして、素材としては角度によっていろんな色を出してくれるスワロフスキーがデザインされてくるのではないかと言われています。
スワロフスキーは角度によると蛍光色のような色を発していたりしますから、トレンド色とマッチしますね。

使い勝手の良いスカーフ、ストール

大判の肩掛け「ストール」や正方形のものが主流な「スカーフ」は、共に首回りや肩に巻くものですが、これらのアイテムをうまく活用することで、洋服選びが楽しくなります。
特に2020年のファッショントレンドでは、リアルなアニマル柄も乗ってくる可能性がありますので、シンプルな柄もしくは無地のストールやスカーフなどは合わせやすく、インパクトを和らげる効果も期待できそうです。
また、逆に、単色無地がベースとなるような服を選ばれる場合は、思い切ってアニマル柄やジオメトリックな柄のストールなどを合わせても良いでしょう。
きっと夏にも身に着けられる、薄手で軽い素材でできたストールやスカーフも店頭に並ぶことでしょう。
いろいろな組み合わせが楽しめそうですね。